みなさんへの告知板


オンラインゲームからは離れました。これからはリアルょぅι゛ょで頑張ろうと思います


ミジンコゼミナール


ネットゲーム解析初心者向け講座、ミジンコゼミナール 開講!

多重起動、窓化の基礎をしらんやつは見ておけ。
読んでも理解できないやつは解析以前の問題だから文句いうな('A`)

ミジンコゼミナール:ネットゲーム解析講座一覧
1日目:入学/必要な教材 2日目:基本的なアセンブリ言語
3日目:Ollydbg の操作方法と演習 4日目:多重起動1(FindWindow)
5日目:多重起動2(CreateMutex) 6日目:多重起動3(EnumWindows、その他の方法)
7日目:ウィンドウについて
8日目:窓化(D8) 9日目:窓化(D9)
10日目:DLL について 11日目:何か作ってみよう
12日目:試験 13日目:プレゼント

2005年10月21日


find + grep

ある文字列を検索したい。
でもファイルがあるディレクトリが分からない。
その上ファイル名すら分からない。 という時に役立つのが find & grep
基本的な事だが物忘れ多いのでメモ。

例:
find "検索パス" -exec grep -s "探す文字列" * -type f {} /dev/null \;

ガイド:
find で指定している"検索パス"は /(ルートディレクトリ)でもカレント(./)でも
ある程度予想を立ててディレクトリを指定してもOK。
てか無くてもいいな…。

-exec、ここがメイン処理。
grep -s でエラーは出力しないようする。次にファイルから探したい文字を指定。
最後にファイル名の指定しても出来るが、ファイル名すら分からない場合は *(アスタリスク)
通常の grep と同じ。

-type f で文字列を検索するファイルを通常のテキストファイルとして指定。
必要なければ省いてOK。

/dev/null あーだこーだは入出力やら探すディレクトリ名の関係で必要。
これ省くと機能しない。

2005-10-21 By SP


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。